kanrecy Posted on 10:00 午後

恥ずかしくても伝えよう!お母さんに「ありがとう」が伝えられる日とは?

長寿を祝う中でも最初に訪れるのが還暦祝いであり、日々感謝をしている気持ちを直接母親に伝えられない人にオススメのイベントです。
具体的には一緒に食事をしたり、旅行やプレゼントを贈るのが一般的です。プレゼントの場合はメッセージカードを添えるのも良いでしょう。大事なのは気持ちなので、遠方で会う事が難しい方は旅行券やギフト券、他の方法でも還暦祝いを行う手段は多くあります。ただし、現代では便利な電話もある為、プレゼントとメッセージカードを送ったとしても後日電話を入れて言葉を交わしておくのがオススメです。

「ありがとう」を伝えよう

母親が還暦を迎えたという事は、お互いにそれだけ年齢を重ねている証拠でもあります。「ありがとう」を伝えられるチャンスを逃してしまうと、いつどのタイミングで伝えられるかは分からないので、必ず伝えておくべきです。

「ありがとう」を伝えられる還暦祝いに、一番は自分の言葉で伝える事が大切です。中には気恥ずかしさの方が勝り言葉に出来ない人もいるでしょう。その為にメッセージカードが役に立つので、直筆もしくはお店側が用意してくれたものを必ず同封する事で気持ちを伝えられます。

母へ贈る還暦祝いで悩んでしまう人もいますが、実際には難しく考えなくても大丈夫です。
長寿を祝う気持ちとして縁起の良い品物を用意したり、母が欲しい物や好む趣味に合わせて用意するのが良いでしょう。必ずしも赤いちゃんちゃんこや記念に残る物を渡さなければいけない決まりはない為、本人に喜んでもらえる物を選ぶ事がポイントです。

予算に関しては自分が払える価格で構わないので、無理をしないようにしましょう。「ありがとう」の感謝の気持ちは、金額で伝わるものではない為、価格に拘る必要はない事を頭に入れておく事も大切です。
その代わり、きちんと感謝の気持ちを込めて商品を選ぶようにしましょう。

自分一人で選べない場合は家族や兄妹と相談をして一緒にプレゼントを用意するのもオススメです。自分一人では、照れがあったとしても、家族や兄妹が一緒なら恥ずかしい気持ちも少しは和らいで感謝を伝えられます。
還暦祝い以外にも母の日のイベントもありますが、還暦は一生で一度しかやって来ないイベントです。このチャンスを逃すと次は70歳の古希になります。それまでの期間に、お互いが歳を重ねて高齢になっていく為、元気でいられる可能性をよく考えて行動に移しましょう。
目の前にあるチャンスを逃して祝えずに