kanrecy Posted on 7:10 午後

両親の還暦祝いには誕生日とは一味違うメッセージを送りましょう!

還暦祝いは60歳になった両親をお祝いすることであり、通常の誕生日とは区別されていることが多いです。還暦祝いを特別に行うのは、十二支と十干の組み合わせが60種類あり、ちょうど60年で一巡しています。産まれたときと同じ暦に還るという意味で還暦と言われるようになりました。本来は数え年で61歳になった時に行いますが、近年では60歳の誕生日にお祝いすることが多くなっています。
還暦祝いにおいては特に決まり事はなく、自由にお祝いをすることができます。赤色のものを贈ることも多いですが、必ずしも赤いちゃんちゃんこを贈らなくてはならないなどのきまりはなく、逆に赤色のものを組み合わせているものをプレゼントすることが多いです。その際メッセージを送ることもありますが、メッセージは通常の誕生日とは一味違ったものを贈ると喜ばれます。


還暦祝いのメッセージとしては、ただ単に還暦おめでとうやいつもありがとう、という文章だけでなく、そこに今までの想い出やこれからも元気でいてほしいという願いを追加すると良いです。家族同士でしかわからない想い出を少し添えるだけでその当時のことが思い出されることが多く、家族の絆を深めることができるメリットがあります。また、文末にはこれからも元気でいてほしい、いつまでも長生きしてほしい、これからの人生をゆっくり楽しんでほしいなどの前向きな言葉を添えることが大切です。

喜ばれる文章とは

昔では60歳になると高齢者と呼ばれていましたが、近年ではまだ現役で仕事をしている人が多く、年齢的にも活発に動ける世代です。あまりにも高齢者扱いをしてしまうと、自分はまだ老人ではない、という意識が強まることもあります。これからも元気でいろいろなことを楽しんでほしいなど、まだ人生を謳歌することができる、という意味を込めるようにします。
なお砕けた文章でも良いですが、きちんと改まった文章を書くことも鮮明に記憶に残ることがあります。両親が還暦を迎えたということは自分自身も大人になっていることがほとんどであり、中には世帯を持っている人もいます。人生の先輩でもあり、目標となる存在であることを伝えることも良いので、文末などにさりげなく書くようにします
誕生日ではメッセージカードを添えることはほとんどありませんが、還暦祝いは特別なものになります。長寿とともに今後の人生の再スタートをお祝いする文章を書き、感謝を素直に伝えることが大切になります。